花ごころWeb News No.6 (2017/2/13発行)

不屈

沖縄・笑いヨガ

安里・大道・松川・島ぐるみの会の主催で「高裁不当判決!今後どうする」弁護士仲山忠克氏講演会、意見交換会を開きました。2月25日には桜井国俊さんを講師として、これからどうするか学習・討論会を開きます。小さな集まりですが、知事の地元の私たちは頑張っています。

2016年9月からは安里十字路で、スタンディングアクションを始め、団結と新基地建設反対を訴えています。90歳代の参加者は「もう二度と戦はしない」、「日本よ目覚めよ」とアピール文を配ったりしています。辺野古、高江にも独自でバスを出し、抗議集会にも参加しています。沖縄の闘いは「命どう宝」の思い・やむにやまれぬ思いで行動しています。しかし、明るく、したたかに、いろいろな集会に参加して元気になって、ますます闘志を燃やします。
 
瀬長亀次郎が、毎朝、新聞を細かく読み、拭き掃除をしていたという文章を読み、私も少しでもまねをしたいと思い、不屈と言いつつ、毎朝、新聞読みとトイレの拭き掃除を頑張っています。

日本の今歩んでいる歴史を深く理解し、自分の行動、生き方を知るために世界中の皆さん、ぜひ沖縄を訪れ、高江・辺野古・普天間・嘉手納を見てください。よろしくお願いします。
そして元気になります。今を生きる、歴史を作り出していこうという勇気が湧いてきます。地球を愛する世界中の人々にぜひ見てもらいたい。亜熱帯で雨が多く生物多様性に富むやんばる(山原)の海と山を。
そこに新基地を作ろうとする日米両政府、正気のさたではありません。